2018年11月24日土曜日

アイシテイマス




2018年5月のウエサク満月より仕込んだ
藍甕。
翌月の満月に見事に藍が建った。
夢中になって染めに向き合った夏、見えないメッセージが
風が運び、お祖父さまが元紺屋さんだったと言う方から
依頼が入った。
本当にそれを望んでおられて、お日様、甕と相談しながらの染めの
日々を気長に待ってくださった。
3年ほど前に訪れた際に持ち帰った
ベトナムはサパと言う村で手紡ぎ手織りのヘンプ生地。
精錬を繰り返して、下染めを重ねる。
10回程重ねた。
求める人の想いに応えるように藍は反応した。
それを間近で見せていただいた
夏の日。

丁寧に記念撮影して送ってきていただいた
1枚にも真ん丸お月さまが上がっていた。






2018年10月1日月曜日

雪国対策の断熱三和土作り〜版築壁作り〜ペチカ炉製作に向けて

茶房「梅茶翁」は今年の3月21日の春分に仮オープンをなんとか間に合い
地元の方や、友人がお祝いに初日から駆けつけてくれました。

極寒のさむーい2月に土間、通路納屋の施工をした上での
保健所〜消防との検査、水まわりなどのチェックなどなど
どれもがおかげさまいっぱいで、たくさんのエネルギーと共に
作り上げられました。

今は、まだ平日は変則的に開けていて、土日のみの営業ですが、
10月からは夏にお休みしていた、肉なし肉まんの点心プレートを
常時ご提供させていただけそうです。
肉なし肉まんは施工に入ってくださっていた大工さんからも、大絶賛のお声を
いただき、おかえりの道中からの「肉なし肉まん絶品!」とメールを届けていただいたのがとても励みになりました。

さて、夏も終わり、秋そして冬へ向かう途中の11月頭ですが、
目指す蓄熱式ストーブペチカへ向けての施工を少し前進させたいと思っています。
まずは、カフェスペースのベースとなる足元を冷えから防ぐため、断熱三和土へと
進化していきたいと思います。
これらは、奥能登にたくさん存在している素材「珪藻土」をふんだんにしようして
赤土などを混ぜて三和土にしていきます。

そして、厨房外壁も、本来の予定出会った版築技法の壁仕上げを仕上げていけたらと
思っています。

また、トイレなどの壁には漆喰を施したり、そしてペチカの炉の部分の施工にも入る予定です。

これから、材料などを集めたり、準備したりと時間が必要の為、平日は茶房をお休みする
事も多いかと思いますが、どうぞ応援のほど、よろしくおねがいいたします。

これらの貴重な技法や施工は、様々なシーンで応用、実践していける様に
ワークショップ形式で2日間〜3日間ほど行いたいと思います。

また、古い家によくある、あのポロポロ落ちる砂壁。
あれは、表面についている材質がナチュラルなものではないものが混ざっていたり
剥がれやすいと言う面をなんとかしたいと思った事はありませんか?
実は、茶房の横に隣接している納屋の二階にもそう言った部屋があり、それらを
剥がして漆喰等にシフトしてより心地よく、美しい空間にできたらと言う思いがあります。
それらも、ご一緒に学び実践してみませんか?

近日、詳細をアップしてまいります。


2018年7月11日水曜日

梅仕事 梅気づき

7月に入ってから樹熟した梅が高い高い枝の先にふくよかに育っている。
収穫には木登り名人もヒヤヒヤのところ。
今年の冬は剪定を上手に見越して取り組みたいところ。

黄色い梅だけだと思いきや、青々した梅をならしている樹もあったり、
本当にまだまだわからない事だらけ。



これは、こちら側が決めるスケジュールではなく、自然界の、そう梅のリズムにこちらが
合わせていく事で全てがうまくいく。
そして、何より気づきがたくさん!
想定していたこちらの勝手な予定を見事に裏切り、「創造」と言うチャンスと喜びを
与えてくれた。
青い梅で仕込むものが、新たにオリジナルで誕生したのだ。
そしてまた、樽の中へ黄色の梅と青の梅を半分に入れることができるのも
恩恵の一つ。
実からは染物もできる。
ガラスや家具はピカピカになるのだ。
肌着にすると、それはそれがさらりとして気持ちいいもの。
何から何まで梅はなんて愛が深いんだ。
そう、今年から本建正藍染を5月の満月から取り組み、1ヶ月後に無事
藍が建ったのがとても嬉しく、早速、茶房で使用するお手拭きや手ぬぐい、
はたまた、8月5日〜12日に二人展なるものを企画いただき
そちらでも発表したいと思っている。






藍染にはお日様が頼り。
お日様の光で藍を布に定着されるのが大切。

梅雨あけのここ数日は、梅仕事をしながら交互に藍染、梅染めに勤しんでいる。


2018年5月12日土曜日

UMEBOSHI


日本で唯一となった製法の揚げ浜式天然塩をしっかり20パーセントで仕込んだ梅が
眠りから覚めて、鎌倉は雪堂美術館へ旅立ちました。
一粒一粒丹精込めて仕込みました。
今年も、梅の実がなり始めていました。
一年を通して、梅仕事はこの季節だけではないですが、やっぱりこの
梅の実がなる頃は楽しみです。
一大イベント!
香りに色にと日々幸せな心地に。
茶房は現在土日のみの営業ですが、6月後半くらいからランチも
始めていきたいと思います。






2018年2月9日金曜日

雪国対策三和土〜ペチカ

梅茶翁の梅林を切り上げ剪定していただいてから、切り落とされた枝を、春にオープン予定にしている、カフェの暖簾の染料にしようと
集めてきました。
木に付いている苔も、染料になるとか。
現在、カフェ予定の土間は、来期にペチカを導入予定で、その土台となる雪国対策を駆使した?
三和土の施工へ入ろうとしています。
先ずは、三和土の下地からになりますが、
施工リードには千葉は房総半島より
ペチカを取り入れた暮らしを既に実践されている
建築士であり大工さんに入っていただきます。
12日〜18日の一週間を予定しています。
ご興味ある方、またお手伝いしていただける方
ご一報お待ちしています。
*1週間の間、何日でも構いません。
(お昼は簡単なまかない付き)
また、宿泊ご希望の方はその旨お知らせください。
basaou.noto@gmail.com

(来季予定のペチカイメージ)

2017年12月25日月曜日

道法さんによる切り上げ剪定講座in奥能登

2018年1月27日〜28日
梅茶翁の自然栽培梅林にて、実践的な剪定会を行います。
自然栽培のこれから、また果樹だけでなくお野菜にも応用できる
素晴らしい眼差しからの技術となりそうです。

お申し込みは下記よりどうぞ。

________________________________________


道法さんの切り上げ剪定講座in能登「実践編」を開催します。
今回も「実践」切り上げ剪定講座となります。
受講者ひとりひとりが実際に剪定し、道法さんより直接指導を受けられます。11月にも開催しましたが、受講者からは大変勉強になったとの声多数でした。
実際、道法さんの講座を受講し、いざ自分の畑に戻ってもなかなか手が動かないとよく聞きます。今回は2日間徹底的に切り上げ剪定を実践し習得してください。
たぶん、自ら剪定して道法さんのご指導を受けられるのはこの講座だけだと思います。(他でもやっていたらごめんなさい(^_^;)
今回は能登の「梅茶翁」様より梅の木をご提供頂き剪定させて頂きます。
--------------------------------------------------
長野市より能登の会場までバスを松代杏っ子の里ハーモアグリ様がご用意してくれました。長野市から能登までの往復乗車無料です。是非ご利用ください(先着20名まで)
※ 26日朝8時頃長野集合〜28日22〜23時頃長野到着予定です。
--------------------------------------------------
参加受付は先着30名/日までとさせて頂きます。
日時:平成30年1月27日(土)〜28日(土)2日間
27日:10:00〜12:00<座学>
   13:00〜16:00<実習>
28日:終日実習、夕方<質疑応答>
実習終了後近くの温泉に入ります(入浴料は各自負担)
18:30〜20:30<夕食・懇親会>
天候により予定が変更になる場合があります。
受講料:6,000円/1日
昼食:700円
夕食:1,500円(旬の蟹をご用意致します。蟹を食べる方は夕食1,500円の他に蟹仕入れ代が加算されますのでご了承ください)
朝食:500円
宿泊:無料(布団も用意してありますが少ないので寝袋や毛布持参して頂けると助かります)
前日の26日は道法さんを交えて「前夜祭」行う予定です。今回の講座受講者のみ参加出来ます。
場所:石川県鳳珠郡能登町瑞穂18-83
茶房「梅茶翁」
申込みは下記URLよりお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4da7619c537144



https://www.facebook.com/events/284102162113645/?ti=icl

2017年11月27日月曜日

切り上げ剪定実践

梅林を任されてから、ずっと気になっていた。
木々の木肌の苔。

全くのまっさらな知識からは、結果として美味しく実らせてくれる姿から
しか、受け取れず、今後の未来にもっと長生きしてもらいたい、そうするには
どう手をかけることができるのか?

そんな時に、知った自然栽培農家さんの道法さん。
奥能登に来てくれないかなあと直感で思った。

日常がマイペースにも押し寄せてきて、時があっと言う間に過ぎ行く中、
長野県でその道法さんの剪定講座が3日間あると知って、すぐに行くことを決めた。

実践と座学合わせて朝からみっちり学びの時。
エネルギッシュにも丁寧に、ダイナミックに、そして繊細にと素晴らしい目の届け方で
植物を観察される姿に感動。
何より、何を学んだかハテナ?な講座ではなく、感覚で伝わってくるので
みっちりの学びもあっという間に感じた。

実践会場となった、杏っこの里さんでは、杏などを栽培されていて、またドックランも展開されている見晴らしがとってもいい素敵な場所でした。

早速、奥能登でも実践をと、都内から関東から、そして能登の自然栽培農家さんも加わって、剪定へ。

この日は、雨雷予報が全く外れ、お日様が顔を出してくれていました。
みなさんに、剪定の角度やどの枝からどう切るか、どうしてそう切るか?など
わかる範囲でバトンさせていただきました。

センスがいい方々で、あっという間に見出され、自立的にのこぎりで剪定を各自されていて大変助けられました。


終わりのサインに、小雨が降り出し、みんなで母屋まで戻りました。

この日は、蕎麦、コーヒー、煎茶の師がなんと、共に剪定をしては
ドリップしてくれたり、ガレットを支度してくれたりと、なんとも至福の剪定会となりました。


そして、なんと嬉しいことに、
切り上げ剪定の道法さんが来年の1月27日、28日で実践講座を開催してくださることになりました。

奥能登初上陸です!

果樹のみならず、お野菜などにも応用が出来ますので、ぜひふるってご参加いただけたらと
思います。

詳しくは後日発表とさせていただきます。